アーカイブ

カテゴリー

産婦人科の歴史

お姉さんになる

 現在の日本において、分娩場所としてもっとも多くの人に選ばれているのは、産婦人科の病院です。
最近では自宅出産や助産院での出産を選ぶ人も増えていますが、緊急事態が発生した場合に即時対応してもらえる産婦人科の病院は、やはり根強い人気があります。
 地方によっても異なりますが、戦前から戦後すぐにかけては、まだ産婦人科の病院がそれほど全国に多くありませんでしたので、産婆さんが自宅に駆けつけて分娩を介助してくれる自宅出産が中心に行われていました。
現在のように妊娠がわかるとすぐ産婦人科の病院を受診して、妊婦検診から出産まで行われるスタイルが定着したのは、戦後しばらくたってからのことです。
 最近の産婦人科の病院は、妊娠期から分娩時、産後にわたってさまざまなサービスを提供しています。
たとえば、母親教室、両親教室の開催や、助産師による乳房マッサージ、妊婦や家族の要望に合わせたバースプランの作成、産後の豪華なお祝い膳など、赤ちゃんを産むお母さんができるだけ安心して出産を迎えられるようにさまざまな工夫がこらされています。
 最近では、その職場環境の厳しさから、分娩の扱いを取りやめる産婦人科の病院が増えてきています。
こうした背景から、妊婦健診から出産までを同じ病院で扱ってもらうことがだんだん難しい状況に陥りつつあります。
これからの出産は、妊婦健診のみ地元の病院に通い、出産の際は別の大きな病院に向かうというスタイルが増えていくことが予想されます。

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク